最新情報 news

奇跡の生還

2014年02月06日 (木) 11:15
突然ですが、
もし自分が遭難したら、どうやって生き延びるか。


海に限らず山・島だったらどうしますか?

遭難なんて絶対ないやろーって思ってて、いつか自分が遭難したりする。

少なからず他人事ではなさそうです。


記事を


【サンパウロ時事】

サメ漁でメキシコを出港した男性漁師が太平洋で遭難し、1万2000キロ以上離れたマーシャル諸島で救助された。

漂流生活は13カ月に及んだとされ、「奇跡の生還」と話題になっている。

3日付のメキシコ紙ウニベルサルなどが報じた。


男性はエルサルバドル出身のホセ・アルバレンゴさん(37)。

1月31日、マーシャル諸島の島に流れ着いたところを発見された。

足は痩せ細り、満足に歩けない状態で「気分が悪い。早く帰りたい」と話しているという。


漂流中は素手で捕まえた鳥や魚を食べて飢えをしのぎ、雨が降らない時は、ウミガメの血を飲んでのどの渇きを癒やした。

乗っていた全長約7メートルの漁船からは大量の貝殻やウミガメの甲羅が見つかった。


この人、
奇跡的に生き延びたのもすごいですが、
素手で鳥や魚を捕まえた方が凄くないですか?笑

まさに達人技でしょ!!


貝やウミガメも潜って捕獲していたんでしょうね。

この世の中、サバイバルで生きていける人は何人くらいいるんだろう?

明日は我が身!
 

トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:


Blog Calendar

RSS 2.0